アレルギーについて!

 

乾く肌に本当の保湿を!
乾く肌に本当の保湿成分を! > > アレルギーについて!


アレルギーについて!


化粧品をつけている顔だけが、つっぱったり、敏感になったりするのであれば、使用している化粧品のなかに原因物質があると考えるべきです。


生活習慣や食事によるものもありますが、化粧品が原因と思われるケースが多く、中でも防腐剤が関わっています。


化粧品にパラべン、フェノキシエタノール、1-3ブチレングリコールなどの防腐剤が入っていませんか?


「体調やストレスが原因」「加齢によるもの」と思い込んでいますが、パラべン、フェノキシエタノール、1-3ブチレングリコールなどの化学物質によって、皮膚が敏感になる化学物質過敏症という症状なのです。



「体調やストレスが原因」であれば、原因を取り除けば、かゆみも赤いプツプツも解消するはずですし、「加齢によるもの」であれば、胸元や二の腕の内側の柔らかいところも同じように症状が出ると思います。


乳化剤や防腐剤は紫外線が皮膚の細胞に吸収されると、活性酸素が細胞に発生します。


シミの原因であるメラニンの生成を促進し、メラニン色素を沈着させます。


また、これらの防腐剤は、化粧品を腐らせないという目的のために使われるのですが、「化粧品かぶれ」を招いてしまうことがあります。医学的には「接触性皮膚炎」といいます。


そして化粧品によるかぶれは「遅延性のかぶれ」といい、血液検査をするとIgE抗体が上がっていることが多いそうです。


もし、化粧品でかぶれてしまった時はまず皮膚科にての診察をオススメします。


1-3ブチレングリコールは、無添加とか、自然化粧品をうたう化粧品にもよく使われています。


きっと、「フェノキシエタノールも1-3ブチレングリコールも旧指定成分ではありませんから、危ない旧指定成分は使っていませんので無添加です。」ということで、無添加、自然派、をうたっているのでしょう。


そういう化粧品を使って万が一にも、かぶれてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

まず、原因と思われる今まで使っていた化粧品をすべて止めること、スキンケアもメークアップもです。


何も使用しないことですね!水やぬるま湯での洗顔をオススメします。

お肌のターンオーバーは20代で約28日、30代で約45日、40代で約55日これだけの日数が掛かるわけですから根気よく肌の状態が回復するのを待ちましょう。

それが肌の回復への近道です。

炎症やかゆみが気になって、ついさわったりと・・・。

化粧かぶれは、こじらせると何ヶ月もかかってしまうことがありますので慎重にされた方が良いと思います。
 


乾く肌に本当の保湿成分を!メニュー


アレルギーについて!
洗顔について!

ヒト型セラミド



 
ページの上へ▲
乾く肌に本当の保湿成分を!トップに戻る
サイトマップ
 

(C) 乾く肌に本当の保湿成分を!.